shigexの日記と興味のあることを世界中の人々へ発信します。

  1. ホーム
  2. スポンサー広告
  3. 生活
  4. 四十肩(五十肩)の症状・治療・予防

 « 次の記事 最近(11月下旬~12月上旬)のブラウザシェア調査  どのメーカーのインナーウェアが暖かいか比較 前の記事 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックマーク登録ボタンはてブ数 ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン

四十肩(五十肩)の症状・治療・予防

shigexのつぶやきshigexworks

う゛ぅ、首肩が痛い…。俺も気が付けば30歳代後半。この痛みは四十肩か?って言うか、四十肩って何じゃ?肩コリとは違うのか?40歳くらいになると身体にガタがくると聞くから、これから出てくるであろう身体の色々な症状について、知っておく必要がありますな。今から出来る対策をしておかないと。
12-06 18:11

はじめに、もともとは五十肩と言われていたものが、症状の発症する年齢の低年齢化に伴い、四十肩とも言うようになった。…ようです。

五十肩・四十肩とは

五十肩は、肩の痛みと運動制限をきたす疾患。四十肩とも言う。従来は腱板損傷や石灰性腱炎なども含めて五十肩呼と呼んでいたが、近年では原因のあきらかな疾患は五十肩含めない。すなわち、つぎの3条件を満たすものを五十肩と呼ぶ。

  1. 肩に疼痛(痛み)と運動障害がある。
  2. 患者の年齢が40歳以降である。
  3. 明らかな原因がない。

症状

最初、肩関節付近に鈍痛がおこり、腕の可動範囲の制限が起こる。次第に痛みは鋭いものになり、急に腕を動かす場合などに激痛が走るようになる。

治療

炎症期は肩を無理に動かすことを避け肩の保温を図る。拘縮期には温熱療法を行う。また、症状にあわせてストレッチやコッドマン体操(アイロン体操)を行う。拘縮が和らいできたら肩の運動を徐々に増やす。

予防

日頃から適度な運動をしていても発症してしまう例も多く、現状においては確定した予防方法はないと思われる。

予防方法は無い…ってマジっすか。症状が出てしまったら、ツボ治療が効果的なんて書いてあるサイトも見られるけど、如何なんでしょ?まずは、医療機関で診てもらうことが賢明でしょうな。

ちなみに、今の俺の首肩の痛みは、四十肩ではないみたい。まっ、体幹機能が麻痺していて、頭を前後左右に動かしてバランスをとっているので、首肩への負担が大きいことによるものでしょう。

俺の場合、コリにはニチバン ロイヒつぼ膏が良く効くので、コリがヒドい時に使っています。

関連記事

ブックマーク登録ボタンはてブ数 ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading...
ローディング

トラックバックURL

コメント

コメントの投稿


秘密にする
 

Sponsored link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。