shigexの日記と興味のあることを世界中の人々へ発信します。

  1. ホーム
  2. スポンサー広告
  3. 日記
  4. 七草粥を食べる理由とレシピ

 « 次の記事 TwitterでGoogleツールバーの短縮URLを使う  2010年冬(1月)スタート新ドラマ 前の記事 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックマーク登録ボタンはてブ数 ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン

七草粥を食べる理由とレシピ

正月も終わり、飲み食いし過ぎて胃がもたれていませんか?(俺は、胃もたれはしてないけど、便秘気味になっちまった…。)

日本には古くは平安時代から、1月7日に七草粥を食べる風習があります。七草粥を食べて、胃を休めましょ!

七草とは

芹(せり)
鉄分が多く含まれているので増血作用が期待できます。
薺(なずな)
現代では薺(ぺんぺん草)と呼ばれます。熱を下げる、尿の出をよくするなどの作用があります。
御形(ごぎょう)
現代では母子草(ははこぐさ)と呼ばれます。痰を除き、咳を止め、利尿に効果があります。
繁縷(はこべら)
現代では繁縷(蘩蔞)(はこべ)と呼ばれます。歯の痛み止めに効果があります。消化を良くし、整腸作用・利尿効果があります。
仏の座(ほとけのざ)
現代では小鬼田平子(こおにたびらこ)と呼ばれます。消化を良くし、整腸作用があります。食中毒・薬物中毒・じんましん・ぜん息のせきにも効果があります。
菘(すずな)
現代では蕪(かぶ)と呼ばれます。咳やのどの渇きを止め、風邪予防に効果的です。消化を良くし、健胃整腸効果があります。また、そばかす防止効果、精神安定作用もあります。
蘿蔔(すずしろ)
現代では大根(だいこん)と呼ばれます。消化を良くし、痰を取り、咳を止め、吐血を治します。消化を助ける酵素・ビタミン・食物繊維などが含まれ、健胃整腸・強壮・利尿効果・ひび/あかぎれ予防効果があります。また、体内の殺菌やコレステロールを下げる効果もあります。

七草粥を食べる理由

七草は早春にいち早く芽吹くことから邪気を払うといわれました。邪気を払い万病を除く占いとして食べます。呪術的な意味だけではなく、正月に飲み食いして疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能もあります。

七草粥レシピ

材料(4人分)

  • 米…1カップ
  • 水…7カップ
  • 春の七草…200g
  • 塩…少々

作り方

  1. といだ米を7カップの水に1時間くらい浸けておく。
  2. 中火で炊き始め、沸騰したら弱火で40分くらい炊く。
  3. お粥が炊けたら、細かく刻んだ七草と塩を入れ、蒸らす。

ブックマーク登録ボタンはてブ数 ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading...
ローディング

トラックバックURL

コメント

コメントの投稿


秘密にする
 

Sponsored link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。