shigexの日記と興味のあることを世界中の人々へ発信します。

  1. ホーム
  2. スポンサー広告
  3. 日記
  4. 東西文化の違い(お雑煮の餅の形)

 « 次の記事 東西文化の違い(おにぎり or おむすび)  東西文化の違い(カップ麺の味付け) 前の記事 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックマーク登録ボタンはてブ数 ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン

東西文化の違い(お雑煮の餅の形)

西日本と東日本の文化の違いについて。浜松では如何か?少しずつ調べてみたいと思います。今回はお雑煮の餅の形についてです。

お雑煮の餅の形

お雑煮の餅の形が東西でハッキリ分かれています。

東日本は焼いた角餅、西日本は焼かない丸餅、と大きく分けられ、境となる富山・石川・岐阜・三重・和歌山県などでは丸・角両方の餅が混在しています。(静岡県では焼かない角餅が多いようです。)関西は正統派の古風な丸餅、寒冷地や東京(江戸)周辺は保存にも便利な略式の角餅を使う、とか。関ヶ原の合戦の影響で、岐阜県関ヶ原を境に丸派と角派が分れたという説もあるようです。

餅と並んで、好みが分れるのが、汁の味付け。関西風のお雑煮といえば白味噌仕立てですが、西日本でも近畿・福井・四国の東部以外は、全国的に醤油味が優勢。出雲地方や能登半島の一部などには小豆雑煮の地域があるようです。(小豆雑煮とお汁粉の違いは分からん。)具は土地土地の産物が入れられることが多いようです。

皆さんの御宅のお雑煮は、どんな感じでしょ?東日本の人と西日本の人が結婚したら、そこには、東西のお雑煮文化の融合があるのでしょうか?

関連記事

ブックマーク登録ボタンはてブ数 ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading...
ローディング

トラックバックURL

コメント

コメントの投稿


秘密にする
 

Sponsored link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。