shigexの日記と興味のあることを世界中の人々へ発信します。

  1. ホーム
  2. スポンサー広告
  3. 日記
  4. 東西文化の違い(カップ麺の味付け)

 « 次の記事 東西文化の違い(お雑煮の餅の形)  東西文化の違い(エスカレーターの立つ位置) 前の記事 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックマーク登録ボタンはてブ数 ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン

東西文化の違い(カップ麺の味付け)

西日本と東日本の文化の違いについて。浜松では如何か?少しずつ調べてみたいと思います。今回はカップ麺の味付けについてです。

カップ麺の味付け

誰もが知っていますよね。東日本は濃味、西日本は薄味、になっています。特に「うどん&そば」の味付けが東西でハッキリ分かれているようです。カップ麺に限らず、うどん・そば屋で食べても味付けが違いますよね。

味付けの違いだけではなく、商品のパッケージ(蓋)に違いがある商品もあるようです。違いを見分けるには、カップ(器)の栄養成分表の下の識別表示を見ます。(E)と表示されていれば東日本、(W)と表示されていれば西日本、と判別できます。もともと、西では昆布で出汁をとり、東では鰹節で出汁をとる、という違いが有り、メーカーが東西の味付けの好みに合わせた商品を開発した、らしいです。

ちなみに、麺の文化という意味では、東はソバ、西はウドン、が根付いているらしく、鉄道の駅にある立ち食いの店のノレンやノボリには、東は「そば・うどん」、西は「うどん・そば」、と書かれているようです。さらに、薬味に使われるネギにも違いが有り、東は太ネギ、西は細ネギ、らしいです。

浜松では東の文化が根付いているのではないでしょうか?みなさんの御宅では如何でしょう?

関連記事

ブックマーク登録ボタンはてブ数 ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading...
ローディング

トラックバックURL

コメント

コメントの投稿


秘密にする
 

Sponsored link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。