shigexの日記と興味のあることを世界中の人々へ発信します。

  1. ホーム
  2. スポンサー広告
  3. 日記
  4. 東西文化の違い(エスカレーターの立つ位置)

 « 次の記事 東西文化の違い(カップ麺の味付け)  東西文化の違い(食パンの厚さ) 前の記事 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックマーク登録ボタンはてブ数 ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン

東西文化の違い(エスカレーターの立つ位置)

西日本と東日本の文化の違いについて。浜松では如何か?少しずつ調べてみたいと思います。今回はエスカレーターの立つ位置についてです。

エスカレーターの立つ位置

関西では右側に寄り、関東では左側に寄り、立つようです。ちなみに、境界は岐阜のあたりとか。

何故こんな習慣が出来たのか?諸説あるようですが、本当の理由は不明です。一説には、世界的には右側に立つのが標準で、大阪万博の時に大阪を中心に世界標準が定着した、と言う説があります。思うに、主要都市以外では、こんなルールは定着していないと思います。

そもそも、どちらかを空けるのは、急ぎたい人が歩くスペースを確保するために、どちらかに寄るようになったと考えられますが、日本エレベータ協会によると「エスカレーターでは、歩いたり走ったりすることは、危険であるので立ち止まる」ことを勧めているようです。

浜松では如何なんでしょう?まっ、エスカレーターを使えば、歩かずに移動できるんだから、立ち止まってノンビリ行きましょっ。

関連記事

ブックマーク登録ボタンはてブ数 ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading...
ローディング

トラックバックURL

コメント

(° °)


>>境界は岐阜のあたりとか。

へぇ~Σ(°д °)

すごいねぇ!

そんな違いがあったんだw

Re: (° °)

東西文化の違いに限らず、自分の知らない土地の文化風習は興味深いですよね。

コメントの投稿


秘密にする
 

Sponsored link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。