shigexの日記と興味のあることを世界中の人々へ発信します。

  1. ホーム
  2. スポンサー広告
  3. 日記
  4. 東西文化の違い(食パンの厚さ)

 « 次の記事 東西文化の違い(エスカレーターの立つ位置)  浜松市の「塚」が付く地名 前の記事 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックマーク登録ボタンはてブ数 ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン

東西文化の違い(食パンの厚さ)

西日本と東日本の文化の違いについて。浜松では如何か?少しずつ調べてみたいと思います。今回は食パンの厚さについてです。

食パンの厚さ

関西では厚切り、関東では薄切り、が好まれているようです。実際に、関西では4枚切り、関東では8枚切り、の食パンが人気があり売られているようです。

理由は諸説あり、関東では「薄いと早く焼けるので忙しい朝に向いている」と言い、関西では「厚いと一枚でお腹に溜まるので忙しい朝に向いている」とか。

また、関東ではジャム、関西ではバター、が好まれており、関東では「パリッと焼いてジャムを付けるのに適した薄切り」、関西では「バターが溶けて染みこむのに適した厚切り」を好む、とか。

皆さんの御宅では、何枚切りの食パンを食べますか?ちなみに、我が家では6枚切りです。中心に位置する浜松(静岡)は、やっぱり間を取るのでしょうか。

関連記事

ブックマーク登録ボタンはてブ数 ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading...
ローディング

トラックバックURL

コメント

コメントの投稿


秘密にする
 

Sponsored link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。