shigexの日記と興味のあることを世界中の人々へ発信します。

  1. ホーム
  2. スポンサー広告
  3. 生活
  4. 浜松市の火災警報器の設置義務化に関する条例

 « 次の記事 激ウマとうもろこし甘甘娘(かんかんむすめ)  コメントに吹き出し画像を表示 前の記事 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックマーク登録ボタンはてブ数 ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン

浜松市の火災警報器の設置義務化に関する条例

皆さんのお宅では火災報知機を設置しましたか?(って言うか、法律で火災報知機の設置が義務化されていることを知ってますか?)我が家では、未だ設置していませんが、近々設置する予定です。

でも、火災報知器って一言でいっても、どんな種類があるの?義務って言われても、家の何処に設置すれば良いの?分からないことだらけ…。

ってなわけで、ちょっと調べてみました。

法律の概要はというと、

2006年6月1日に改正消防法が施行され、新築住宅の居室や階段上などに住宅用火災警報器の設置が義務付けられた。

既存住宅についても、戸建住宅や、自動火災報知設備が付いていない共同住宅は、最短で2008年5月中まで、遅くとも2011年5月中までに設置することが義務付けられている。既存住宅の設置期限は市町村条例で制定され、地域により異なるため、各地の自治体や消防署で確認が必要である。

設置場所は就寝に使う寝室や階段、廊下が指定されている(間取りにもよるので、具体的には自治体や消防署に確認されたい)。自治体によっては台所への設置も義務付けているところもあり、義務ではなくても台所への設置を推奨する自治体が多い。

とのこと。っで自分の住む地域の自治体(静岡県浜松市)の条例では、

住宅の関係者に住宅用火災警報器の設置が義務付けられたのは、平成18年6月1日からです。ただし、平成18年6月1日において、既存住宅であるものについては、平成21年5月31日までの間に、設置することとなります。

設置場所

  1. 就寝の用に供する居室(以下「寝室」という)
  2. 寝室が存する階(※避難階を除く)から直下階に通じる階段(屋外階段を除く)の上端(※直接屋外へ避難できる階のことで通常は1階が避難階です)
  3. 1,2に掲げるもののほか、寝室が存する階(避難階から上方に数えた階数が2以上である階に限る)から下方に数えた階数が2である階に直上階から通じる階段の下端(当該階段の上端に設置されている場合を除く)
  4. 1,2に掲げるもののほか、寝室が避難階のみに存する場合であって、居室が存する最上階(避難階から上方に数えた階数が2以上である階に限る)から直下階に通じる階段の上端
  5. 1~4により設置されている階以外の階のうち、床面積が7平方メートル以上である居室が5以上存する階(以下「当該階」という)の次に掲げるいずれかの住宅部分
    • 廊下
    • 廊下が存しない場合は、当該階から直下階に通じる階段の上端
    • 廊下及び直下階が存しない場合は当該階の直上階から当該階に通じる階段の下端
  6. 台所その他の火災発生のおそれが大であると認められる部分は、設置に努めることとされ設置義務のある場所とはされておりません

設置方法

  1. 次のいずれかの位置に設置します
    • 天井,壁等から0.6m以上離れている位置
    • 壁,天井から下方0.15m以上0.5m以内の高さにある位置
    • 上記のいずれも換気口等の空気の吹き出し口から1.5m以上離れた位置に設置します
  2. 電池切れの警報・標示のあった場合は、適切に電池を交換します
  3. 自動試験機能を有しない住宅用火災警報器は、交換期限が経過する前に、適切に住宅用火災警報器を交換します

浜松市公式ウェブサイト

とされています。って、おいおい、期限を過ぎているじゃん!それにしても、なんだか分かりにくいですな。下記サイトで分かりやすく説明されていました。

寝室と階段には設置が義務付けられているようなので、我が家では3か所は設置しなくてはなりませんな。(火災報知器って、いくら位するんだろ?法律で義務付けるなら、購入費用を補助してくれたって良いじゃん。まっ、定額給付金で購入するべ。)

ブックマーク登録ボタンはてブ数 ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading...
ローディング

トラックバックURL

コメント

コメントの投稿


秘密にする
 

Sponsored link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。