shigexの日記と興味のあることを世界中の人々へ発信します。

  1. ホーム
  2. スポンサー広告
  3. 生活
  4. なぜ土用の丑の日にウナギを食べる?

 « 次の記事 セミの鳴く時間帯の違い  エアコン設定温度と電気代 前の記事 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックマーク登録ボタンはてブ数 ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン

なぜ土用の丑の日にウナギを食べる?

今年の『土用の丑の日』は7月30日です。ところで…、なぜ『土用の丑の日』にウナギを食べるのでしょ?

調べてみると、理由は諸説あるが、

江戸時代、商売がうまく行かないウナギ屋が、平賀源内の所に相談に行った。源内は、「丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしない」という民間伝承からヒントを得て、「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めた。すると、物知りとして有名な源内の言うことならということで、その鰻屋は大変繁盛した。その後、他の鰻屋もそれを真似るようになり、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着した。

とのこと。ふぅ~ん…、って感じですな。ちなみに、脂がのったウナギの旬は秋だけど、ビタミンB類が豊富なので夏バテ防止には効果的だそうだ。

関連記事

ブックマーク登録ボタンはてブ数 ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading...
ローディング

トラックバックURL

コメント

コメントの投稿


秘密にする
 

Sponsored link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。