FC2ブログ

shigexの日記と興味のあることを世界中の人々へ発信します。

  1. ホーム
  2. 生活
  3. なぜ「梅雨」と書いて「つゆ」と読む?

 « 次の記事 雷の発生メカニズム  加齢臭ってどんな臭い? 前の記事 »

なぜ「梅雨」と書いて「つゆ」と読む?

「梅雨」と書いて「つゆ」と読むことに疑問を持って、以前、「梅雨」の語源を調べたことがありました。

そもそもは、「バイウ」で中国から伝わってきた言葉。昔中国では黴雨という字が当てられていた。カビの雨と書いて「バイウ」だが、語感が悪いので梅雨という字に改められた。この際「梅」のつくりになっている「毎」は、毎度や毎日など連続すると言う意味を持っている事から、連続して雨が降るこの時期に梅雨という漢字が当てられた。

また中国は揚子江流域で梅の実が熟す時期に雨期があり、それを梅雨と呼ぶ説がある。

「梅雨」を「ツユ」と呼ぶようになったのは、江戸時代の頃から。諸説があるが、木の葉などに降りる「露」から来ていると言う説と、梅の実が熟してつぶれる時期であることから「つぶれる」を意味する「潰ゆ(ついゆ、つゆ)」から来ていると言う説がある。

…とのことです。

関連記事

ブックマーク登録ボタンはてブ数 ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン ブックマーク登録ボタン

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading...
ローディング

トラックバックURL

コメント

コメントの投稿


秘密にする
 

Category

Tag

雑学 ウェブ 健康 浜松市 家電 気象 障害者 テレビ ファッション ライフハック 自然 スイーツ カスタマイズ ハードウェア スポーツ 福祉 HTML ブラウザ グルメ ペット アクセシビリティ CSS ソフトウェア 

Entry

Comment

Trackback

Link

Extend

あわせて読みたいブログパーツ
SEO Stats powered by SEO-Stats.com
FC2ランキング

Sponsored link